『脳機能で考える発達障害』佐賀『振込期限H31年5月10日(金)』

クリックで画像を表示
平成31年5月26日(日)開催

平成31年5月26日(日) 佐賀会場 『国立病院機構佐賀病院 4階 研修ホール』
※定員100名
※受講料 8,000円
※講師:和久田 学氏 
※共催:TEACCHプログラム研究会 佐賀支部
※振込期限H31年5月10日(金)
(お申込み者と振込のお名前が違う場合は備考欄にご記入ください。)
※受付時間  AM9:30~
※講義時間  AM10:00~16:00(終了予定)
 
※【参考文献】*受講料に含まれません。
※当日、書籍販売有
※昼食は各自、ご準備をお願い致します。
※駐車場は病院の立体駐車場をご利用ください 

※携帯からお申込みをされる方は、from-a-village.com」  「san.bbiq.jp」をドメイン指定許可設定をして下さい。
※迷惑メール防止の設定によりメールを受信できない場合がございます。
 
 

いじめ防止対策推進法が施行され、学校現場では様々な対策が取られています。しかし、そうした努力にもかかわらず、いじめを巡る悲しい事件の報告が減ることはありません。実際、学校現場では、子どもたちのほとんどが「いじめはいけない」と認識しているのに、いじめは減らず、先生方の中には「いじめがあるのは仕方がない」というあきらめのようなことを口にする方もいます。学校全体での取組についても、「全職員の協力が得られにくい」「どうしていいかわからない」といった問題があり、具体的な一歩を踏み出せない場合が多いとも聞いています。その点、欧米ではいじめに関する研究が進んでおり、様々な科学的研究をベースにしたいじめ対策の手法がたくさん開発され、実施されています。
今回のセミナーでは、いじめ、不登校、暴力行為など、子どものこころの発達の危機的状況についてどのような対応をすべきなのか、それらの予防をどうすべきか、科学的研究の成果から考察します。
また、文部科学省委託事業「子どもみんなプロジェクト」の成果、内容についても説明します。明日からの実践に生きるヒント満載ですので、ぜひ御参加ください。和久田 学


  • 価格:8,000円
  • 注文数: